膣のゆるみを改善するにはクリニックに行くことです!

膣縮小術で改善しましょう

膣のゆるみは自分では気づきにくいものですが、くしゃみをしたら尿漏れをすることが多くなったり、お風呂に入ってお湯が膣の中に入るようになったりすることで自覚することもあります。あるいは、パートナーから指摘されて発覚することもあります。自分の膣がゆるんでいることに気づいたときには早急に改善したいものです。その改善方法として非常に有効なことは、クリニックで施術を受けることです。たとえば、代表的な手術として膣縮小術があります。これは伸びきった膣周囲の筋肉を修復する施術のことであり、さまざまな施術の中でももっとも効果が高いとされています。施術にかかる時間はおよそ1時間から2時間程度です。治療料金は50万円前後です。1ヶ月から2ヶ月ほどのダウンタイムがありますが、その期間を終えると普段どおりの生活ができます。もちろん、性交渉も可能になります。

ほかにも治療方法があります

クリニックの治療法には膣縮小術以外にもあります。たとえば、ビビーブです。これは高周波を照射することで膣周囲の皮膚組織のコラーゲン量を増やして膣を若々しいものにします。痛みが全くありませんし、施術時間も30分と非常に短いです。ダウンタイムもありませんので、若い女性から高い人気があります。料金相場は20万円から30万円程度です。また、磁気治療もあります。これは専用のトレーニング装置で骨盤底筋群を鍛える治療方法です。1回あたり20分のトレーニングをします。5回くらい受けると回復が実感できます。年齢関係なく人気があります。1回あたり7000円から8000円です。

膣圧とは、女性の性器の締め付け具合のことを言います。トレーニングすることで膣内の締め付け具合は変わります。