CADとは何か?そのメリットや種類について

そもそも、CADとは何なのか?

CADは英語の「Computer-Aided Design」の略称であり、日本では「コンピュータ支援設計」と訳されます。

具体的にはパソコンを使って設計すること、あるいは設計を支援してくれるソフトやツールのことを意味しています。

昔は設計の仕事が手作業で行われていましたが、パソコンが一般的に使われるようになり、今ではCADは設計において欠かせない存在となりました。

パソコンソフトで有名なものには、表計算をするエクセル、文章を書くワードがありますが、「図面を書くならCAD」と言われるぐらい、とてもメジャーなソフトになっています。

CADオペレーターという職種もあり、実際にこの人材を必要としている企業も多いです。CADが出来ることで、就職や転職が有利に進むケースも少なくありません。

CADを導入するメリットや、種類について

図面を制作する企業がCADを導入することには、様々なメリットがあります。

まず、図形を繰り返しコピーできるので、効率的に図面を作れます。

さらにソフトが寸法などを自動で計算してくれるため、数値的なミスを減らせます。

また細部にわたって正確な描画が可能であり、少しだけ手直しが必要な類似図面も、簡単に完成させることが可能です。

CADを用いれば、手作業で図面を作成するよりもかなり効率的に作業できます。業界においては、大きな革命を起こしたソフトだと言えるでしょう。

また、CADは分野や業界によっていくつかの種類に分けることが可能です。機械用CAD、建築用CAD、土木用CAD、電気用CADなどがあり、半導体分野や服飾デザイン系の業種でも、CADが活用されています。

水道CADとは、上下道工事に関わる配管に関する製図や設計をするシステムで、自動計算などのサポート機能がたくさんついています。