知っておきたい!CADやCADオペレーターに関する基礎知識

CADとはそもそも何なのか

CAD(キャド)というのは、「Computer Aided Design」を略したものであり、パソコンを使って製図を行うことや、それを行うためのソフトのことを指します。その用途は、建築や工業製品をはじめ、配線や配管、そして洋服の図面作成などと幅広く、さまざまな分野で活用されています。ソフトの値段は、無料でダウンロードできるものから、かなり高額なものまであり、何を設計するかによって使うソフトの種類も違います。現在では、さまざまな「ものづくり」に必要不可欠なツールであり、特にCADのオペレーションに特化した業務を行う人のことをCADオペレーターと呼びます。

CADオペレーターについて

CADオペレーターは、自分で設計を行うのではなく、設計者の指示の下で、図面の調整や修正、そして仕上げなどの仕事を行う人です。例えばビルの設計で、はじめに設計図を作るのは設計者ですが、プロジェクトを進めていくうちにさまざまな設計変更が行われる場合があります。そのときに設計者の指示で、図面の調整や修正を行うのがCADオペレーターの役割になるということです。CADオペレーターは、修正や調整が主な仕事であるため、設計に関する高度な知識などは必要ありませんが、作業の正確さは要求されるため、設計者との意思疎通が重要になると言えるでしょう。また、CADには資格試験が設けられているため、CADオペレーターを目指す場合は、資格を取得すると就職に有利になる場合があると言えます。

電気CADを利用することにより、生活が便利になります。スムーズに効率のいい動きを可能にしてくれます。