製品開発にあたって重要な意味を持つEMC試験!

EMC試験とは何か?

パソコンを使用している時にラジオを付けると、ラジオからの音に雑音が混じっている、なんて経験をしたことはありませんか?

その状況は電子機器の受信障害というもので、パソコンなどの機械を作動させるとノイズと呼ばれる電磁妨害波が発生し、配線などを通って他の電子機器に干渉します。結果、ラジオから雑音が聞こえるなどの不具合が発生するのです。同時に複数の電子機器を使用してもこのような影響の無いシステムがEMCであり、日本だけではなく世界各国でEMC規制は行われています。また、電磁波は機械だけではなく人体にも影響するため、EMC規制の範囲の広がりや変化は日々進化しており、EMC試験とは、その電子機器同士によるノイズの発生や、不具合などが生じないかを調べるテストです。

専門家が行うEMC試験もある!

さらに、電子機器には電磁波妨害の他にも外部のノイズの影響に耐えうる機能も必要とされていて、この両方の機能をクリアできた電子機器が望ましいとされます。また、受信障害は電子機器が発展・普及することによって家庭内での不具合にとどまらず、機械の誤作動を起こす可能性もあるものです。ですので、電子機器を開発・製造する技術者にとってEMC試験は、出荷の許可を得られるかどうかの重要なものと言えます。なお、EMC試験は、専門とするプロの方が行う会社もあり、あらゆる電子機器に対応可能となっています。EMC課題に対する相談やアドバイスなどのサービスを受けることもできますので、自社でEMC試験ができない場合は専門家に依頼することをお勧めします。

EMC試験とは、電気製品が自身の発する妨害電磁波や、周囲の電気製品または自然現象から発生する妨害電磁波に対して、その機能と動作が影響を受けないか測定する耐性試験です。